女性用バイアグラで嫁の真の姿!不感症改善して久しぶりの営み

女性用バイアグラで不感症の改善

男性が使用するものという認識をお持ちの方が大半かと思いますが、実は女性用バイアグラが存在するのをご存じでしたですか?
ここでは女性用バイアグラを、私自身の体験談を交えて紹介してみようと思います。

女性バイアグラの先駆けとしては、シラーバイオテクノロジーズが製造したウーメラが有名でしたが、現在ではアジャンタファーマのラブグラや、サンライズレメディのマレグラなどのジェネリックも人気があります。
バイアグラと言えば青色の錠剤で知られていますが、女性用のこれらは、キュートなピンク色をしていて個人的には嬉しいポイントなのですが、同じ思いの方も多いのではないでしょうか。
気になる効果効能ですが、主に不感症改善に用いられます。
男性が使用するバイアグラは、有効成分のシルデナフィルがペニス海綿体への血の流れを改善し、勃起を促進させる仕組みですが、女性用も実は有効成分は同じシルデナフィルなのです。
不感症は、下半身性器周辺の血流が弱いことが主たる原因のひとつとされていて、それをシルデナフィルの効果で解決しようと言うことですね。

使用してみた個人的な感想として、クリトリス周辺に血液が集まっているのか、クリが敏感に感じやすくなり以前よりも濡れやすくなった気がします。
これは不感症改善に使えるな、と感じました。
また、女性のおよそ7割がオーガズムを感じたことがない(イッたことがない)と言われていますが、よりオーガズムを迎えやすくなるという効果もあるようです。

副作用としては、頭痛やほてり、鼻づまりや動悸が報告されていますが、これらは血管が拡張され血流が良くなった結果としてのものですね。
私は言われてみれば若干顔が熱くなったかな、と感じるくらいで、そこまで大きな副作用は出ませんでしたが、女性用バイアグラは国内での処方が認可されていない医薬品です。万が一重篤な副作用が現れた場合はすぐに服用をやめ、医療機関の相談を受けるべきでしょう。
とは言っても、手軽に効果が実感できる薬なので不感症改善をお考えの方にはお勧めさせていただきます。